カメラ日和ブログ

ひな飾りと桃の花まつり【甲州市】

'18年03月03日

写真

今日は桃の節句ですね。
甲州市の「えんざん桃源郷 ひな飾りと桃の花まつり」では、毎年4000体の雛飾りが春の訪れと観光客を迎えます。
会場の甘草屋敷では、屋敷一面に展開するひな飾りと、天井から吊るされた市民手作りの吊るし飾りが楽しめます。
なかなか豪華絢爛で、日常とは違う世界に迷い込んだような、贅沢な時間を過ごすことができます。



会場の甘草屋敷は、重要文化財旧高野家住宅といい、JR塩山駅北口の目の前にあります。

今日は3月3日、しかも土曜日ということもあり、県内外からの観光客やツアーのバスが5,6台と、ものすごい混雑ぶりでした。期間は4月18日までなので、もう少し暖かくなってからの方が空いてていいかもしれません。



江戸中期のひな人形「享保雛」をはじめ、市民から寄贈されるなどして集まった人形が所狭しと並んでいる。雛のつるし飾りには、子どもの健やかな成長を願って鶴や亀、巾着、枕といった縁起物を中心としたぬいぐるみが飾られている。
江戸中期のひな人形「享保雛」をはじめ、市民から寄贈されるなどして集まった人形が所狭しと並んでいる。雛のつるし飾りには、子どもの健やかな成長を願って鶴や亀、巾着、枕といった縁起物を中心としたぬいぐるみが飾られている。

雛人形については、全く造詣がありませんのでわかりませんが、
江戸中期のひな人形「享保雛」をはじめ、市民から寄贈されるなどして集まったとても古い人形や珍しい人形があり、ひとつひとつ見て回るだけでも、かなりの時間を費やしてしまいそうです。









まだ行ったことがない方は、4月18日までですので、ぜひ一度足を運ばれてみては。


プロフィール

カメラ日和

カメラ日和

山梨県を中心に風景写真を撮ったり、動画を撮ったりしています。カメラのこととか、写真のこととか、気になったことを書いていきます。
メイン機:α7RM2

RSS2.0