カメラ日和ブログ

1分でできるシネマグラフの作り方

'17年07月01日

photoshop

最近ホームページ制作で、写真のスライダーを使うのにもマンネリで飽きてきたので、
代替になる何かいいものないかな〜と、ずっと考えていました。

本当は印象的な写真が一枚あって、それをトップにドンと配置できれば、それが一番効果的な気がするんだけど、
毎回いい写真が用意できるわけでもないし、なかなか難しい。

とりあえず思いついたのは普通の写真をより印象的にして目を引くようにすること。
普通の写真でも見せたい部分だけ強調できたり、写真とはちょっと違う感じを出せれば、
見た人を「おっ」と思わせることができるかもしれない。

例えばこんなの。





1枚目はオーストラリアのペネロペパーク。ラピュタのモデルの一つと言われているところ。
2枚目は身延山久遠寺。

2枚とも普通の写真をphotoshopでこんな感じにしている。
簡単だし面白いんだけど、すぐ飽きるかな。
ポストカードとかなら人気でるかもしんない。

次に考えられるのは、動画を配置すること。
今の時代にはベストな方法だけど、制作には費用がかかるし、やっぱりまだ回線の影響もあるので
めったには使えない。


そこで目をつけたのが、数年前から流行りだしてるシネマグラフという方法。
photoshopがどんどん進化しているので、本当に簡単に作れるようになったシネマグラフ。
最近ではスマホのアプリでも作れるようになったので、馴染みのある人も多いと思います。

映像制作より圧倒的に簡単で費用もかからず、写真にちょっと動きがあるだけで、見る人に「おっ」と言わせることができるんじゃないかな。ただし、作る側のセンスは相当要求されるだろうし、オシャレという認識が強いものなので、対象を選ぶというか、使えるシチュエーションは限られるだろうと思う。

ま、とりあえず作ってみたので見てください。



ただのgifアニメなので、サイズを軽くできるし、photoshopで簡単につくれます。
作り方は、Adobe Creative Cloudの公式チャンネルを参照してください。

https://www.youtube.com/watch?v=d8LtQCzUw6s

そうそう、作り方には書いてないけど、ちゃんとしたものを作りたい人にひとつだけアドバイス。
photoshopで取り込む前に、映像加工ソフトで自分のイメージに合うようにちゃんとカラコレとか調整はしたほうがいいです。それもかなりシビアに。最終的に静止画にしなくちゃならないので、動画のように曖昧な感じで仕上げるとがっかりしちゃいます。photoshopはやっぱり画像処理ソフトなので、そっちでやろうとしても思い通りにいかなかったり、かなり重い作業になっちゃうし。


アイデア次第では、面白いものが作れると思うんだけどなぁ。
どっかで採用されないかなぁ。











プロフィール

カメラ日和

カメラ日和

山梨県を中心に風景写真を撮ったり、動画を撮ったりしています。カメラのこととか、写真のこととか、気になったことを書いていきます。
メイン機:EOS 5D Mark3
サブ機:OLYMPUS OM-D E-M5

RSS2.0